マイコンタクトを作るまでの手順

安全性の高い、医療器具であるコンタクトレンズを購入するには、
眼科での受診と専門店での購入が必須です。

メガネと違って、目の中に入れるものですから
色々な検査が必要になるのですね。

実際に、一般的に行われる検査は、
問診、視力検査、スリットランプ検査、角膜形状検査、
涙液検査、フィッティング検査です。

目の状態を細かく検査したり、眼球のカーブを測定したり、
涙の量や質までチェックするんですよ。
実際に、眼科では、検査の名前は解らなくても、
いろんな部屋で色々な検査をしてくれます。

そして、数々の検査にOKが出て、
実際につけてみた上で、自分につける意思があれば、
コンタクトレンズの販売施設で購入ができるのです。

この方法だと、時間も、オカネもかかります。(^^;;

これは、高度医療器具として、
安全性の高いものを手に入れるためには、
当たり前に必要な手順なのですね。

行く前に、どれぐらいの費用と、時間がどのくらいかかるのか
確認してから行くのがいいですよ。
ほとんど即日、その場で手にして帰れますよ。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved