コンタクトレンズの歴史

レオナルド・ダ・ヴィンチという人の名前を
耳にしたことはありますか?

ありますよねー。<( ̄^ ̄)>

私ね、アインシュタインと混じってしまって、
どっちが何を唱えたの?とか、よく解らなくなりますけど、(^^;;
名前は知っています。有名ですよね。

1400年代の人なのですが、この方の残したノートに
コンタクトの原案とも取れるコメントを残していることから、
コンタクトレンズの発案者として名が挙がっています。

これは、俗説であるという意見もありますが、
それよりも、そんな昔から、
コンタクトの存在があったかと思うだけでも、
ロマンがありますよね。(´ω`*)

しかしながら、ハードレンズが一般的に出回ったのは、
1930年代以降で、プラスチック製のものが登場しています。
ダヴィンチから、かなりの時間を経て、
実用的なものになったのですね。
なおソフトレンズが一般的になったのは、
ハードレンズより遅く、1955年頃と言われています。

まだまだ歴史の浅いコンタクトレンズですが
カラーコンタクトや使い捨てのものなど、
様々な商品が生まれています。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved