ソフトレンズのメリット・デメリット

ソフトレンズの特徴、いいところは
何と言っても「入れやすさ」です。
痛くもなく、違和感もなく、とても心地よく使うことが出来ます。
初めてでも慣れるのに時間がかかりません。

他には、使い捨てタイプがある、カラーコンタクトがあるなど、
使用目的に合わせた選択ができるのも魅力的ですよね。

ソフトレンズは、水を含むと柔らかくなる素材で出来ています。
この水を通じて、酸素を目に送るワケですが、
目の状態によって酸素の供給率が悪いと、
目のトラブルを引き起こし易くなりますよね。
万一、トラブルが起こっていても、
痛くないので気が付かないことも考えられます。

そのほかのデメリットとしては、
耐久性が劣ること、ヨゴレを取り込みやすいこと、
乱視の矯正力がハードレンズに比べて劣ることなど挙げられます。
ケアも、ハードレンズに比べてひと手間かかることを
覚えておいてくださいね。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved