ランニングコストを計算してみよう

使い捨てコンタクトレンズは、
使い捨てだから、使い続けているうちに、なくなります。

…当たり前ですよね。

そうすると、また買わなくてはいけなくなります。
そうなった時に、結局いくらぐらいオカネがかかってくるのか、
最初に計算して、続けられるのか検討すると、安心ですよね。
場合によっては、寿命が1年半〜2年の従来タイプの方が、
自分は購入しやすいという結果になるかもしれません。

使い捨てコンタクトレンズの価格は、メーカーによって
違いますが、大体相場は決まっていますので、
レンズの交換サイクルを基にして、
約1年間でどれぐらいコストがかかるか計算してみましょう。

手元に、専門店の広告があるので、一度、見てみましょうか。
ここに載っている一番安いもので、計算しますね。
あくまで参考にしてくださいね。

従来型コンタクトレンズ、約1年半〜2年で交換です。
ハード・ソフトレンズ 5300円(片眼)
一定期間交換可能な専門店ケア付き 14490円(片眼)
カラーコンタクト 6800円(片眼)

これに対して、使い捨てタイプは、1年間のコストを算出します。 1日用(ケアなし) 2180円(片眼/1ヶ月分) 26160円(片眼/1年分)
2週間用 2280円(片眼/3ヶ月分) 9120円(片眼/1年分)
1ヶ月用 2980円(片眼/3ヶ月分) 11920円(片眼/1年分)
カラー2週間用 6000円(片眼/3ヶ月分) 24000円(片眼/1年分)

コンタクトの機能により、大きく値段は変わってきますが、
こうやって実際に比べてみることで、
コストが比較し易くなることがお分かりいただけましたよね。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved