手軽だけど高リスクな連続装着タイプ

使い捨てコンタクトレンズでも、1日使い捨てタイプは、
ハッキリ言って、あまりデメリットが見当たりません。
正しく使えば、常に清潔で、理想的なものです。(^^)

問題は、それ以外の使い捨てタイプ、
特に、1週間以上連続装着する使い捨てコンタクトに、
大きなデメリット、高いリスクが潜んでいて、
多くの眼科医が使用に反対をしています。

ソフトレンズの特徴を知っている方なら、もうお分かりでしょう。

そうですね、角膜が、慢性的な酸素不足になります。
どれにも、たっぷり水分(涙)を含んだ高酸素透過性とありますが
通常での状態に比べて、覆っているわけですから
角膜への酸素不足は、必ず起こっています。

これが何を引き起こすかと言うと、角膜内皮細胞を減少させます。
これが引き金となり、水泡性角膜症を招く恐れがあるのです。

病名だけじゃ解らないって…(^^;; 怖いんですよ〜。

黒目にむくみがでる、濁る、
そして最悪の場合、失明の恐れがあるんです。

実際に使った方が、あまりにも目の負担を感じて、
ほかのものに変えることも、
このタイプのものに良くあるハナシです。
手軽な代わりに、大きなリスクがあることを忘れないでくださいね。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved