カンタンに買える=リスクが高い!!

おしゃれ用のカラコンは、視力の矯正用カラーコンタクトとは違って、
いつでもスグに買うことができます。
眼科の診断も必要がありません。

もう、コンタクトも、ネイルのような感覚なのかな〜。(^^)

それはそれで良いのでしょうが、
一番大きな問題は、コンタクトとは本来医療用のモノで
目と言う非常にデリケートな部分に装着するものであるという
意識が抜けていると言うことでしょう。

目は何かトラブルがあったら致命傷を負いやすい、
後遺症が残り易い部位なのです。
最悪の場合、失明してしまう恐れもあるのです。

医師の診断がないというコトは、自分次第です。
コンタクトの知識も十分にないまま使うことになります。

ソフトコンタクトですから、角膜への酸素不足は免れられません。
目の中で異常が起こっても、あまり痛みも起こらず、
目のトラブルには非常に気が付きにくいのです。
もし、異常を感じたとしても、自己診断で適当にやり過ごす、
そんな感覚で使い続けることでしょう。

その結果、重大な目の病気を患いかねないのです。

カンタンに買えるというコトは、逆に大きなリスクになります。
コンタクトを使うなら、目に異常がなくても、
眼科医で定期健診を受けることが、常識なのではないでしょうか。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved