雑貨扱いのモノに潜む危険

雑貨扱いのおしゃれ用のカラコン、
いわゆる度の入っていない輸入品のカラーコンタクトは、
キケン度が高いと何度も申し上げていますし、
実際にトラブルの報告も多くあるのですが、
そのどれもが、全部ダメというわけではないのです。

みかん箱の中に、腐ったミカンがたまに混じっていますよね。
あれと同じ感覚で、たまたま持った一つが腐ってて、
がっかりするあの感覚。

あんな感じです。orz

おしゃれ用カラコンは本当にたくさん出回っています。
その中には、目の中で色が溶け出すものがあったり、
目のトラブルを引き起こす成分が含まれていたりするものが、
普通に混じっているんです。

もし、自分が買ったものがソレだったら…!?

使ってみて、異常が出てから
やっと「おかしいかも?」と気付くんですよね。(==;;

…そう、気付いた時には手遅れなんです。

雑貨扱いのモノを規制する法律はありません。
判断は使う側に全て任されていますので、
おしゃれ用カラーコンタクトをもし買うのであれば、
どの基準を信用して買うのかしっかり検討して、
安易に選ばないよう、細心の注意を払わなくてはなりませんよ。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved