面倒でも毎日レンズケアをしよう

コンタクトレンズは、目の中で使うものですが、
ものすごく、驚くほどに汚れます。

具体的には、脂質、カルシウム、タンパク質など。
外部からのゴミやホコリもたくさん入ってきます。
水分を含むソフトコンタクトレンズには
なんと、雑菌ちゃんがウヨウヨといるんですよね…!

コレ、目で見えないので、そんなに汚れていない気になるのですが、
多分、顕微鏡で見たら、入れるのをためらうほど汚れています。
特にソフトレンズは、高酸素透過性のモノほど汚れやすいのです。

このため、洗浄をしてヨゴレを落とします。
ソフトレンズは、加えて消毒をしなくてはいけません。
この作業をレンズケアと呼びます。

レンズケアは、コンタクトをいい状態に保つため、
目の健康を守るために、絶対に必要な作業なんですよ。

この手間が必要なく、いつもキレイな状態で装着できるために
多くの人に支持され、好まれているのが、
再装着不可能な、使いきりの使い捨てタイプです。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved