1日の装着可能時間を守ろう

コンタクトを使う上で大切なことのひとつに
「装着時間を守る」という約束があります。

コンタクトの使い始めは、初めは短い時間だけ装着して、
少しづつ時間を延ばして、慣らしていきますよね。
それほどデリケートなものなのです。

これは、コンタクトが角膜を覆うものであるため、
長時間の酸素不足状態にさらされるからです。
装着時間を守らないと、重大なトラブルを招きかねません。
目の負担を最小限に抑えられるように
決められている時間ですから、必ず守るようにしてください。

装着時間は、終日装着タイプのものだと、
12〜16時間が目安です。
装着時間はできるだけ短い時間にした方が、
当たり前ですが、目への負担は少なくなります。

長時間装着することを前提に、コンタクトを作る場合は
眼科医に診断してもらった上で、
長時間装着に向いているものを選ぶようにしてくださいね。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved