コンタクトレンズの間違った使い方はキケン

コンタクトレンズは正しく使ってこそ、意味があります。
取扱説明書どおりの使い方をしないと、
重大な眼障害を引き起こしかねない医療器具です。

とはいえ、コンタクトって身近なモノ過ぎて、
不思議とそんなに危ないものを使っているような
気にはならないんですよね。
メガネかコンタクトかどちらか、という感覚です。

コンタクトが引き起こす眼障害で、一番怖いものは失明です。
コレは、どんなコンタクトを使っていても、
可能性はゼロにはなりません。
ただし、キチンと使用用法を守って使えば、
その確立は、ゼロに近いものにすることが可能です。
これは、自分次第なんですよね。

医療用のコンタクトは眼科医で処方するカタチですが
特に、おしゃれ用カラコンの場合、
自分で簡単買えてしまいますから、適当な使い方をしがちです。
基本的なコンタクトの知識、ケアの方法など、
熟読して、理解して、その上でしっかり守って
正しく使うようにしなくてはいけません。

自分の目を守ることです、必ず使い方を守ってくださいね!

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved