流行性角結膜炎

流行性角結膜炎と言うと、とても難しいような名前ですが、
俗に「はやり目」と呼ばれてるのを、聞いたことはないでしょうか。

「りゅうこうせいかくけつまくえん」と読みます。

名前のとおり、流行性で、非常に感染力が強いです。
ひどくなると、起きた時に目が開けられないほどのめやにが出ます。
まぶたの裏の結膜に、偽膜という白い膜が出来て、
眼球に大きなダメージを与えて、
黒目の表面がむけてしまうこともあるほどです。

潜伏期間は1〜2週で、
まずは、めやに、充血、まぶたのはれなどの症状があわられます。
押すと痛みもあるので、コンタクトをしていれば、
間違いなく違和感を感じることでしょう

すごく移りやすい病気ですので、早めに眼科を受診しましょう。
眼科で検査をして、アデノウィルスが検出されれば、
流行性角結膜炎の診断が下されます。

特効薬ははいので、点眼での治療になります。
約2週間は、感染予防のためにも安静にしましょう。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved