角膜上皮傷害

角膜上皮傷害(かくまくじょうひしょうがい)は
コンタクトレンズを使っている人に非常に多いトラブルです。

ハードコンタクトレンズを使っている人に多いのが、
点状表層角膜症です。
これは、一晩コンタクトを外して休むだけでよくなりますが、
ムリをして使い続けると、角膜を傷つけ、重症化する恐れがあります。
夜になると違和感を感じるのはいつものこと、などと、
自己診断は止めて、早めに眼科で見てもらうようにしましょう。

ソフトコンタクトでも、角膜上皮傷害は起こります。
しかし、ソフトコンタクトの場合は、
無症状で、痛みを感じないので表面化しにくいのですが、
目の乾燥や異物感を特に感じるならば、
角膜上皮傷害を疑わなくてはなりません。
放置すると、もちろんのことですが、重症化します。

レンズの汚れも症状を悪化させますので、
こまめなレンズケアでキレイな状態を保ちましょう。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved