角膜新生血管

角膜新生血管(角膜内に血管が侵入すること)は、
これ自体が、何か重大な病気であるわけではないのですが、
コンタクトレンズが引き起こす、
目の異常のひとつであることには間違いないので、
ここで紹介しておきますね。

角膜内に血管が侵入するということは、
ハードコンタクトレンズではあまり見られません。
しかし、角膜をすっぽりと覆うカタチで装着する
ソフトコンタクトレンズ装着者の全てに起こる可能性のあります。

角膜には血管がないので、
角膜の表面から酸素や栄養をを吸収するのですが、
ソフトコンタクトを使うと、角膜が覆われるため、
常に、酸素不足、栄養不足状態です。
この状態を改善するために、毛細血管が角膜まで伸び、集まって
角膜の中に血管が侵入してしまいます。

この症状が、俗に赤目といわれる
角膜新生血管(角膜新生血管)、
角膜内血管侵入(かくまくないけっかんしんにゅう)です。

充血を改善する目薬を使うと、血管が収縮して良くはなりますが、
収縮したことで、さらに酸素や栄養の届きが悪くなり、
また血管が伸びる、と言う悪循環に陥ります。

充血を抑える目薬を使うより、コンタクト装着時間を短くするなど、
コンタクトの使い方を見直しましょう。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved