角膜びらん

角膜びらんと言うと、そんなに怖いイメージはないですよね。

でも「黒目がめくれる!!」と言うと、
一気にイメージが沸いて、怖いものになりますよね…!!

そう、角膜びらんとは、黒目がめくれることです。
とはいえ、黒目の皮にあたる角膜上皮がめくれるので、
角膜がむき出しになる状態です。

カラダで言う、皮膚の部分がめくれてしまうのと同じです。

同じように、角膜も皮がめくれることによって、痛みを伴います。
角膜は血管がないので血は出ませんが、充血し、涙が出ます。
皮膚と同じように、乾かない状態で放置すると、膿んできます。
感染がひどくなり、傷か付き、角膜が解けていく…
最悪の場合、失明することにもなりかねないのです。

これは、保護用のコンタクトを使ったり、
点眼液を使って治療します。

角膜びらんは治ってしまえば、
後遺症で視力障害は残らないのが一般的なのですが、
角膜びらんがクセになる、
再発性角膜びらんに進行することがあります。

レーシック手術を受けてきました~♪詳しくはコチラのページで話しています(^^
レーシック手術ってどうなの?


スポンサードリンク

関連エントリー

初めてのコンタクトレンズ

コンタクトのウワサ

ハード・ソフトどっちを選ぶ?

使い捨てコンタクトの使い方

カラーコンタクトを正しく使う

基本的なコンタクトの注意事項

知っておきたいレンズケア

コンタクトとトラブル

コンタクトが引き起こす目の病気

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2008 使い捨てコンタクトレンズの正しい使い方ガイド. All rights reserved